忍者ブログ

レビトラ販売

バイエル社のレビトラの純正薬やジェネリック薬品の激安個人輸入代行販売

ベストケンコー - レビトラでタグ付けをされた商品

日本人の600~700万人が勃起不全

勃起不全は、早漏に次いでもっとも頻繁に見られる男性の性的な問題で、日本では600~700万人(最近の調査などをもとにファイザー製薬が類推)、米国では3000万人、全世界では1億人以上が悩まされているといわれています。

バイアグラ以前でも、米国においては、勃起不全関連の受診は、年間52万5000件に達し、入院は3万件に及んでいます。また、勃起不全の症状があっても、大多数の男性は診断や治療を実際に受ける割合は少ないと見られており、実際にはもっと多くの人が勃起不全に陥っていると考えられています。

なお、以前はインポテンスという言葉がよく使われていましたが、侮辱的な意味が含まれているため、最近では、EDという言葉がアメリカでは使われるようになっています。

勃起不全の有病率は、歳をとるとともに高くなっていきます。最近のアメリカでの調査では40歳から70歳の男性の約半数が、勃起やその維持に困難さを感じた経験を持っています。完全な勃起不全の発症率は、40歳で約5%、65歳で15~25%です。加齢とともに、男性ホルモンの分泌は低下し、性欲が衰えることと関係しています。

ファイザー社では、この調査データとアメリカの人口予測を基に、2005年には40~69歳のアメリカ人男性の2400万人以上が、70歳以上では数百万人が勃起不全に陥ることになると推定しています。

ただし、勃起不全の増加の原因は、老化というばかりでなく、糖尿病や循環器系の病気などが深く関係しています。また、長年にわたる喫煙や飲酒などの影響も関係しています。

医学的には、勃起不全は、「性交時に有効な勃起が得られないため、満足な性交が行なえない状態」を指し、「通常、性交のチャンスの75%以上で性交が行なえない状態」をいいます。

したがって、性行為に際して、2回に1回ぐらいの割合で性交ができる人は、勃起不全とはいわないわけです。

また、性機能障害は、「性欲、勃起、性交、射精、オルガズムのいずれか一つ以上欠けるか、もしくは不十分なもの」と定義されています。つまり、勃起不全は、性機能障害の一つといえるのです。

勃起不全には、一次性勃起不全と、二次性勃起不全があります。前者は、一度も性交ができたことがない場合で、正真正銘の勃起不全といえます。後者は、少なくとも1回以上性交ができたのに、なんらかの理由によって性交ができなくなった場合です。

また、どの場合も、機能的勃起不全、器質性勃起不全、混合型勃起不全に分類することができます。

1.機能的勃起不全
勃起機能は正常であるにもかかわらず、精神的な原因などによって、性交ができないケースを指します。原因を取り除くことができれば、性交が可能になります。

2.器質的勃起不全
陰茎の機能をコントロールする神経や、血管や組織などに障害が発生し、あるいは内分泌機能障害などによって、十分な勃起が起こらず、そのため性交ができないケースです。肉体的な障害が原因なので、治すには、その障害を取り除く必要があります。

3.混合型勃起不全
機能的要因と器質的要因の両方が原因となって起こる勃起不全です。あるいは、機能的なのか、器質的なのか、判断できないケースです。

このほかに、薬剤が原因で起こる一時的な勃起不全や原因不明なケースもあります。


ED治療薬 | バイアグラ | シアリス | 早漏薬 | 勃起不全 | 薬通販 |  ベストケンコー

個人輸入代行業者名 「薬通販ベストケンコー
商品へのご質問は直接 ショップまでお問い合わせください。

PR




バイアグラ・プロペシア・ルミガンの個人輸入 | 薬通販ベストくすり

お客様の声 | ベストくすり評判 | レビュー大賞発表 | 個人輸入代行ベストくすり | 医薬品通販ベストくすり










Copyright ©  -- レビトラ販売 --  All Rights Reserved



[PR]

 / 忍者ブログ / うらない師のひとり言
アッパーストリーム | 渓流・管理釣り場 トラウトルアーフィッシング
-